HOME>アーカイブ>探す際のポイントと費用について解説します

カリキュラムに合わせて選ぼう

医療

医学部に合格して医者になりたいのであれば、専門の予備校に通うのが最適です。医学部予備校を探す際のポイントは、志望校の入試データや出題傾向を把握しているかどうかです。大学によって出題範囲が異なるので、志望校に合った医学部予備校を選ぶことがポイントになります。他にもどのようなカリキュラムで指導を行っているかを確認することも大切です。自分のペースに合わせて勉強したいのであれば個別指導が最適ですし、ライバルと切磋琢磨しながら学びたいと考えているのであれば、集団講義が有効です。自分が学びたいカリキュラムに合わせて、医学部予備校を選ぶことがポイントになります。

特進クラスと一般クラスの費用

看護師と患者

医学部予備校では、生徒の学力の差によって特進クラスと一般クラスの二つに分かれているところが多いです。特進クラスは国公立大学や難関大学を志望する人が多いので、一般クラスよりも授業のレベルも高いという特徴があります。さらに特進クラスの方が授業料がリーズナブルな傾向です。特進コースの相場は100万円~200万円であるのに対して、一般コースの相場は300万円~600万円となっています。このような費用の違いを知っておくことが大切です。

なぜ授業料が高いのか

医療

医学部予備校の授業料が高い理由は、確実に合格できるように、質の高い講師を雇っているからです。また合格するのが難しい医学部に合格するために、きめ細かい指導を行わなければならないので、どうしても講師一人に対して教えられる生徒の人数が少なくなってしまいます。大手予備校のように集団指導ができない点も、授業料が高くなってしまう原因の一つであるといえます。このように医学部予備校は授業料が高い傾向ですが、ベストな学習環境で学ぶことができるというメリットがあります。